2011年03月14日

かつらに潜む問題点

AGA(男性型脱毛症)の対策としてかつらを使用するという手段は確かにあります。

ファッション用に使用する場合はウイッグと呼ぶことが多いですが、AGA対策としてはかつらと呼ぶことが一般的です。

ただし、かつらをAGAの対策として使うに当たっては問題点もありますので、安易に使うことは避けましょう。

AGAの対策としてカツラを使う問題点を見てみましょう。

一つは、カツラの使用が人付き合いを悪くしてしまうという社交場の問題があります。

一見、かつらを使うことでAGAを気にせず、人付き合いが活発になると思われがちですが、実際に使ってみると勝手が違うことに気付きます。

例えば雨や風といった天候が悪いときには、外出が怖くなります。また、風呂や海水浴への誘いも避けるようになるでしょう。

さらに、人から頭を触られたらどうしよう、といった不安も加わり、結局人付き合いがおっくうになってしまうという悪い影響があります。

つまり、AGAを隠すことで人付き合いが活発になるとおもったはずが、かつらを隠すことにストレスをより感じてしまうと言うジレンマがあるのです。

これが予想できない問題点の最も大きなものです。

次に、費用の面での問題があります。

かつらは、予想以上に高額な商品ですので、その予算でAGAの予防や治療を行った方が良いのではないか、という悩ましい状態になります。

そして最後に、かつらの使用がAGAを悪化させてしまうという問題があります。

かつらは、少なからず頭皮を蒸してしまいますし、その結果かゆみが発生してしまったりして、AGAを悪化させる可能性が大きいのです。

以上の様に、AGAの対策としてかつらを使用しようとしている人は、いまひとつ考えた方が良いでしょう。



posted by 長い友達 at 22:45| AGA対策グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。