2011年03月14日

AGAの飲む治療薬

AGA(男性型脱毛症)の治療というと、頭皮に塗るタイプが思い浮かびますが、飲む治療薬があるのをご存じでしょうか。

AGAの飲む治療薬は「フィナステリド」というものです。日本では「プロペシア」という製品名で販売されています。

フィナステリドは、本来は前立腺癌や前立腺肥大の治療薬でしたが、その治療中に、多くの患者の発毛が促進されていることがわかり、AGAの治療薬として研究され、米国ではFDA(アメリカ食品医薬品局)が1997年にフィナステリドをAGAの治療薬として認可し、日本でも厚生労働省により2005年には認可されました。

フィナステリドを内服することでAGAに効果があるのは、AGAの原因となっている「5α-リダクターゼ」という酵素を抑制する作用があるためです。

ただし、フィナステリドは市販の発毛剤や育毛剤の用に購入することはできません。副作用の危険もあるということで、医師の処方が必要になります。

従いまして、「フィナステリド」の名称を使った商品がインターネットなどで容易に購入できるように謳っている販売サイトがあった場合は要注意です。そのように販売できる商品にはフィナステリドが含まれていませんので、AGAには全く聞かない偽物です。

日本では、萬有製薬のサイトなどで情報を得ることができます。



posted by 長い友達 at 22:46| AGA対策グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。