2011年03月14日

AGAと体温の関係

体温がAGA(男性型脱毛症)に影響を与えているというと、驚かれる人も多いかと思います。

実は低体温がAGAの原因の一つではないかと考えられているのですが、それは低体温症の人が、AGAの人に多い傾向があるということがわかっているためです。

低体温がAGAに影響を与えているというのはどのようなことなのでしょうか。

実は低体温というのは、多くの体調不良に影響を与えていると言われています。それは低体温が、新陳代謝の悪化によるものだからだと考えられているためです。そしてAGAにも影響があるというのも、同じ理由からです。

つまり、低体温により、栄養の吸収率低下がおき、その結果毛髪が成長に必要となる栄養の供給不足が起きてしまうのです。

そのため、冷え性の体質の人は、AGAになりやすい体質であるとも言え、たとえば平熱が35度台の人であれば、これを36度台に上げられると良いでしょう。

体温を上げる方法はいろいろとあります。

体を冷やさないようにすることは基本的な注意ですが、たとえばシャワーよりも入浴、食べ物にも体を温める成分のある生姜などを取り入れることです。

他にも効果的な方法として、足湯があります。

足湯が体温上昇に与える効果は非常に高く、しかもお金を掛けずに手軽に行えますので、AGAの人にはお勧めです。



posted by 長い友達 at 22:51| AGAの改善と治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。