2011年03月14日

こんなときはAGAを疑ってみる

早期治療が大切なAGA。そのためには、早くAGAの兆候に気付くことです。

たとえば以下の様なことに気付いたら、AGAを疑ってみましょう。

浴室で洗髪した後、排水溝が黒くなるほど抜け毛があれば、AGAを疑った方が良いでしょう。

髪をセットするとき、あれ、以前よりセットしにくいけど、髪の量が減ったかな?と思ったらAGAを疑いましょう。

朝起きたとき、枕に思いの外多くの髪の毛が突いていたら、AGAかもしれません。

鏡では気付かないのが頭頂部の変化。指で押してみて、下駄突くようであればAGAを疑った方が良いかもしれません。

また、抜けている毛髪の量にはあまり変化が無いようでも、抜け毛の質に注意が必要です。まだ若い、成長していない毛が抜けているようでしたら、AGAが疑われます。



posted by 長い友達 at 22:55| AGAとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。