2011年03月14日

AGAを促進するストレス

ストレスは、多くの発症要因があると言われるAGA(男性型脱毛症)の代表的な発症要因です。

ストレスは、様々な悪影響を体内に及ぼしますが、その中でも血流の状態を悪くしてしまうという影響があります。

毛髪への栄養供給の低下は、血流の状態が悪化することでも招かれ、その結果、毛髪の成長が妨げられてしまい、AGAの発症を促してしまうことが考えられます。

このことから、「精神的なプレッシャーが髪の毛を薄くする」という俗説は、ストレスがAGAを促進してしまうと言う意味では、一概に間違っているとは言えなくなってきます。

従って、ストレスを溜めないことは、AGAの予防にもなると言えます。

しかし、なかなか取り除けないのがストレスたる所以です。それでも少しでもストレスを軽減するための工夫は必要と言えます。

良くあるストレスを軽減すると言うことは、以下の様なことかもしれません。

・経済上の不安を無くすための工夫を行う。
・寝付きを良くするための工夫を行う。
・アロマテラピーなど、ストレス解消のアイテムを日常に取り入れる。
・嫌なことを忘れてしまうほどの楽しみを見つける。

しかし、特に経済上の不安を取り除くことは容易ではありません。ですから、全てのストレスに対応しようと無理をせず、できることから始めるようにしましょう。



posted by 長い友達 at 22:57| AGAとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。