2011年03月14日

症状から見たAGA

脱毛症と行っても、いろいろ種類があります。その中でも特に男性に多いのがAGA(男性型脱毛症)です。

AGAは、男性の脱毛症の90%を占めると言われています。生え際が後退していくというのが代表的な症状ですが、頭頂部から薄くなる症状もあります。

主に男性ホルモンが関係しているAGAですが、ホルモンバランスの乱れや遺伝的要素、さらにはストレスや食生活の乱れも影響すると言われています。

またAGAは決して男性だけの脱毛症ではなく、女性でも発症する可能性があります。原因は男性の場合と同じと考えられています。

これは、女性もまた男性ホルモンを持っているためです。

ただ、女性の場合は、男性ほど重い症状になることは珍しく、髪全体のボリュームが無くなるなどの軽い症状がほとんどです。

そこで女性が発症するAGAを特にFAGA(女性男性型脱毛症)と呼びます。

つまり、AGAは男性だけでなく、女性も発症するので、注意が必要と言えます。


posted by 長い友達 at 22:57| AGAとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。