症状から見たAGA

脱毛症と行っても、いろいろ種類があります。その中でも特に男性に多いのがAGA(男性型脱毛症)です。

AGAは、男性の脱毛症の90%を占めると言われています。生え際が後退していくというのが代表的な症状ですが、頭頂部から薄くなる症状もあります。

主に男性ホルモンが関係しているAGAですが、ホルモンバランスの乱れや遺伝的要素、さらにはストレスや食生活の乱れも影響すると言われています。

またAGAは決して男性だけの脱毛症ではなく、女性でも発症する可能性があります。原因は男性の場合と同じと考えられています。

これは、女性もまた男性ホルモンを持っているためです。

ただ、女性の場合は、男性ほど重い症状になることは珍しく、髪全体のボリュームが無くなるなどの軽い症状がほとんどです。

そこで女性が発症するAGAを特にFAGA(女性男性型脱毛症)と呼びます。

つまり、AGAは男性だけでなく、女性も発症するので、注意が必要と言えます。


posted by 長い友達 at 22:57| AGAとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AGAを促進するストレス

ストレスは、多くの発症要因があると言われるAGA(男性型脱毛症)の代表的な発症要因です。

ストレスは、様々な悪影響を体内に及ぼしますが、その中でも血流の状態を悪くしてしまうという影響があります。

毛髪への栄養供給の低下は、血流の状態が悪化することでも招かれ、その結果、毛髪の成長が妨げられてしまい、AGAの発症を促してしまうことが考えられます。

このことから、「精神的なプレッシャーが髪の毛を薄くする」という俗説は、ストレスがAGAを促進してしまうと言う意味では、一概に間違っているとは言えなくなってきます。

従って、ストレスを溜めないことは、AGAの予防にもなると言えます。

しかし、なかなか取り除けないのがストレスたる所以です。それでも少しでもストレスを軽減するための工夫は必要と言えます。

良くあるストレスを軽減すると言うことは、以下の様なことかもしれません。

・経済上の不安を無くすための工夫を行う。
・寝付きを良くするための工夫を行う。
・アロマテラピーなど、ストレス解消のアイテムを日常に取り入れる。
・嫌なことを忘れてしまうほどの楽しみを見つける。

しかし、特に経済上の不安を取り除くことは容易ではありません。ですから、全てのストレスに対応しようと無理をせず、できることから始めるようにしましょう。



posted by 長い友達 at 22:57| AGAとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

喫煙の習慣がAGAに影響を与える?

増税や禁煙場所が増えて、すっかり肩身が狭くなっている喫煙の習慣ですが、健康に悪いということでもますます喫煙者は居所が少なくなっています。

そんな喫煙者に追い打ちをかけるようですが、実はAGA(男性型脱毛症)にも悪影響を与えていることがわかっています。

ただし、喫煙者全てがAGAを発症するというわけではありません。体質には個人差があるためです。

ただ、すでにAGAを発症している人については、タバコのニコチンがAGAを促進することがわかっていますので、必ず悪影響を与えると考えて良いでしょう。

ニコチンは、欠陥を収縮させることで血流を悪くし、毛髪への栄養が届けられることも妨げてしまいます。ニコチンはこのような性質から、毒物および劇粒取締法では毒物と指定されています。

ニコチンによる毛髪への栄養不足が発生することで、成長が不十分な毛髪の寿命が短くなってしまい、その結果抜け毛の量が発毛量を超え、毛髪全体の量を少なくして行ってしまいます。

このことから、AGAを予防し、改善しようとしているひとにとっては、禁煙は非常に重要なことと言えます。

とはいえ、すでに健康には悪いとさんざん周りから言われ続けているにもかかわらず止められなかった喫煙の習慣は、なかなか断ち切ることはできません。

その困難さは、多くの喫煙に関する方法や製品があることでもわかります。

これらの禁煙を支援する製品を利用することで、禁煙ができれば、AGAの症状防止や改善に良い影響を与えますので、挑戦する価値はあります。



posted by 長い友達 at 22:57| AGAとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AGAは男性だけではない

AGAは男性型脱毛症と呼ばれるために、男性だけが発症するものと思われがちですが、実は女性にも発症するのです。

これは女性にも男性ホルモンがあるために発症するため、女性に発症した場合は、特にFAGA(女性男性型脱毛症)と呼びます。

しかし男性ほどには悪化しないのもFAGAの特長です。

女性に発症するのは、生活習慣の乱れなどにより、体内のホルモンバランスが崩れるからだと推測されています。

男性の場合、AGAが悪化すると、ほとんどの毛髪が無くなってしまうようなこともありますが、女性の場合はそのような極端な悪化はなく、髪全体のボリュームが無くなる、つまり、髪がやせてしまう、といった症状になります。

そのため、まだまだ女性用の発毛剤が医薬品としては普及しておらず、製品としては「リアップレディ」のみのようです。

リアップレディには、ミノキシジルというAGAに有効とされている成分が含まれており、1日に2回、1回1ミリリットルを症状がある部位に塗るようになっています。また、20歳以上の女性のみを使用可能としています。

リアップレディには、他にもシャンプー、コンディショナー、ボリュームアップミストなどのヘアケア用品がプレリアップLシリーズとして販売されていますので、合わせて使用することを検討してみても良いでしょう。


posted by 長い友達 at 22:56| AGAとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AGAとホルモンの関係

AGA(男性型脱毛症)が、圧倒的に男性に多いことから、男性ホルモンが関与していることは容易に想像できると思います。

また、AGAの症状には特長があることもお気づきでしょうか。それは、症状が出る部位が、生え際や頭頂部に顕著で、側頭部や後頭部にはほとんど症状が出ないということです。

この特長は、毛髪の生えている部分によりホルモンの影響が異なることを示しているのです。

男性も含めて、女性ホルモンの影響を受けているのが後頭部と側頭部です。そして生え際と頭頂部は、男性ホルモンの影響を強く受けています。

そのため、AGAの症状が顕著な部位は、男性ホルモンの影響下にある生え際や頭頂部になるのです。

そこで、この特長を生かした治療法が「自毛植毛」です。

「自毛植毛」は、AGAの症状が出ている部位に、女性ホルモンの影響下にある、自分の側頭部や後頭部の毛髪を移植する方法です。

この方法は、人工毛髪の移植に比べ、毛髪が成長を続けること、脱毛しにくいこと、メンテナンスが不要なことといった長所があります。

つまり、AGAの症状がでている部位に、女性ホルモンの影響下にある毛髪を植え付けることで、AGAの症状を止めてしまうということです。



posted by 長い友達 at 22:56| AGAとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こんなときはAGAを疑ってみる

早期治療が大切なAGA。そのためには、早くAGAの兆候に気付くことです。

たとえば以下の様なことに気付いたら、AGAを疑ってみましょう。

浴室で洗髪した後、排水溝が黒くなるほど抜け毛があれば、AGAを疑った方が良いでしょう。

髪をセットするとき、あれ、以前よりセットしにくいけど、髪の量が減ったかな?と思ったらAGAを疑いましょう。

朝起きたとき、枕に思いの外多くの髪の毛が突いていたら、AGAかもしれません。

鏡では気付かないのが頭頂部の変化。指で押してみて、下駄突くようであればAGAを疑った方が良いかもしれません。

また、抜けている毛髪の量にはあまり変化が無いようでも、抜け毛の質に注意が必要です。まだ若い、成長していない毛が抜けているようでしたら、AGAが疑われます。



posted by 長い友達 at 22:55| AGAとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。