2011年03月14日

AGAを防ぐ食生活

食生活が健康に影響を与えることは常識となっていますね。

しかし、AGA(男性型脱毛症)にも大きな影響を与えることまでは、意識されていないことが普通です。

具体的には、AGAを予防するために、毛髪の成長を促すタンパク質の多いメニューを心がける必要があります。

タンパク質が豊富な食品の例として、魚や豆類がありますね。

また、朝昼晩と規則正しい食生活を心がけることも大切ですし、偏食を避け、野菜を多く取り入れるようにすることも大切です。

たとえば朝食を抜いている人が多いですが、これは毛髪にも悪い影響を与えます。

逆にAGAを促進してしまう食品に、糖分の多いもの、脂肪の多い肉類や揚げ物といったものは、取りすぎないようにしましょう。

食生活を整えることが難しい場合は、サプリメントで不足しがちなミネラル、ビタミン、タンパク質を補うことも有効です。

ただし、あまり几帳面に食生活にこだわることも、今度はストレスがAGAを促進しますので、注意しましょう。



posted by 長い友達 at 22:55| AGAの予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

睡眠がAGA予防に効く?

睡眠の取り方がAGA(男性型脱毛症)の予防や抑制に重要であることは、以外に知られていません。

それは、睡眠の取り方が、毛髪の太さや成長状態に影響を与えるということです。

毛髪の成長に重要な睡眠時間は、美肌に良いと言われている睡眠時間帯と同様で、夜の10時から翌朝2時までの4時間が重要です。

つまり、睡眠のゴールデンタイムと呼ばれるこの時間帯が、体の新陳代謝が最も促進されるため、美肌や毛髪の育成に重要なわけです。

これがAGAの予防や抑制に対する睡眠時間の重要性です。

また、睡眠時間だけでなく、睡眠の質も重要です。

特にリラックスした状態で眠りにつくことが重要ですので、その工夫の例を紹介しましょう。

寝る前には、カフェインが含まれる飲み物は避けましょう。ハーブティーがお薦めです。

また、枕も快適な物を選びましょう。

寝ている間の呼吸も重要ですので、鼻づまりがある人は、それを解消しておく必要があります。

体は冷やさないように注意しましょう。

そして、簡単ではありませんが、できるだけ就寝時には嫌なことを考えないようにしましょう。

以上、AGAの予防や対策として、睡眠が大切であることを覚えておきましょう。


posted by 長い友達 at 22:54| AGAの予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

足湯がAGAに効く?

一見、AGA(男性型脱毛症)とは何の関係もなさそうな足湯ですが、実は低体温症を改善するという点から、AGAの予防や改善に効果があるとされています。

体温を上昇させて低体温症を改善するには、時間がかかります。

そして、低体温症を改善することはAGAの予防や改善にも繋がりますので、じっくりと取り組みたいものです。

そこで簡単に続けられる改善方法が足湯です。

しかし、わざわざ足湯のあるところまで通うのも面倒ですね。そこで、自宅でできる足湯を紹介しましょう。

自宅で簡単に足湯を行う方法は、たらいなどに湯を張って足を付ける方法です。

しかし、もう少し本格的な方法としては、足湯専用器を利用する方法があります。

AGAを予防改善したいという人は、是非とも検討してみてください。

ちなみに、足湯専用器は、AGAの予防や改善に効果があるとされているので、本格的な発毛サロンではすでに利用されています。

この足湯専用器ですが、いろいろありますので、選ぶ際にはくるぶしまでお湯に足を付けることができる物を購入してください。あまり浅い物は効果がありません。


posted by 長い友達 at 22:54| AGAの予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AGAのためのシャンプー

AGA(男性型脱毛症)の予防や改善のためには、洗髪は非常に重要です。

洗髪をすることで、頭皮の汚れや余分な皮脂を取り除くことができるからです。

洗顔しない顔に、吹き出物ができるといったことと同じで、頭皮も洗髪を怠っていると、ふけやかゆみだけでなく、AGAが発症してしまうといったことにもなってしまいます。

AGA予防やその改善にとって、洗髪は重要です。そのためにはシャンプー選びが大切になってきます。

シャンプーにはAGA専用と一般用がありますが、いずれのシャンプーを選ぶにせよ、頭皮へのダメージが少ないままに、余分あ皮脂をしっかりと取り除く洗浄力が必要です。

AGA予防や改善のためのシャンプーとしては、アミノ酸系シャンプーや、石けん系シャンプー、高級アルコール系シャンプーがあります。

ただし、アミノ酸系シャンプーなどはドラッグストアでは入手しにくいので、インターネット上で購入することをお勧めします。一般のシャンプーよりも高額ですが、それだけの価値はあると言えるでしょう



posted by 長い友達 at 22:53| AGAの予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AGAを予防・改善する頭皮のクレンジング

AGA(男性型脱毛症)を発症する要因の一つに、頭皮の毛穴に詰まった脂が固まって個体かすることが上げられます。

通常は、洗髪することで頭皮の脂分は洗い落とすことができるのですが、洗髪の頻度が低い人や皮脂の分泌が多めの人の場合は、頭皮に脂が残り固まってしまうことがあります。

いったん頭皮の脂が個体化すると、一般的なシャンプーを使って洗髪しても、洗い流すことが難しくなってしまいます。

しかし、洗髪前にホホバオイルというものを、AGAの症状が出ている部分に塗り込んでおくと、固定化した皮脂を洗い落とすことができます。

ホホバオイルを塗ったら、すぐにシャンプーをせずに、10分ほど浴槽に浸かりましょう。この間に、毛穴の皮脂が蒸らされて浮き上がってきます。

その後、ホホバオイルを洗い流すために洗髪し、その後もう一度通常の洗髪を行います。つまり2回洗髪してください。

このような皮脂を落とす方法は、発毛サロンなどの専門的な店でもAGA対策として行われています。



posted by 長い友達 at 22:53| AGAの予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AGAを予防するサプリメント

サプリメントというと、体全体の健康管理のイメージが強いですが、実はAGA(男性型脱毛症)に有効なサプリメントもあるのです。

ここでは、代表的なものをご紹介しましょう。

まず、大豆イソフラボンです。

イソフラボンには、女性ホルモンのエストロゲン様の作用があるため、AGAの予防・改善に有効とされています。

特に大豆イソフラボンをカプサイシンと合わせて摂取することで、育毛効果が高まると言われております。

ですから、日々の食事でこれらの成分を補う例としては、たとえばオブラートに包んだ乾燥唐辛子を、豆乳と一緒に飲むといった方法が考えられます。

次にノコギリヤシです。

ノコギリヤシは利尿作用を促すサプリメントとして有名です。また、前立腺肥大の抑制にも効果があると言われています。

このノコギリヤシには、DHT(ジヒドロテストステロン)の発生を抑制する効能もあるのです。

DHTはAGAの原因の一つと言われている男性ホルモンで、同じく男性ホルモンのテストステロンと、毛包の細胞質に含まれる酵素である5αリダクターゼと結合して生成されます。

最後にミレットを紹介します。

ミレットはノコギリヤシほどのAGA予防効果を持たないと言われているため、女性のAGA予防様の育毛サプリメントとして利用されています。

いろいろな育毛サプリメントに利用されているミレットはキビの一種です。



posted by 長い友達 at 22:52| AGAの予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AGAを予防・改善する頭皮のマッサージ

AGA(男性型脱毛症)を、頭皮のマッサージによって予防・改善するための器具として、「頭皮加圧器」があります。この頭皮加圧器のマッサージ機能により、頭皮の血行促進を行い、毛髪への栄養供給を促すことができ、そのことでAGAを予防・改善しようとするものです。

それでは、この頭皮加圧器の仕組みはどのようなものでしょうか。

頭皮加圧器が、頭皮をマッサージする仕組みは次の様なものです。

まず、頭にかぶせた頭皮加圧器に空気が送り込まれて、頭皮に対する圧力を上げます。次に空気が抜かれることで頭皮への圧力が下がります。これが繰り返されると、頭皮がマッサージされている状態になるという仕組みです。

この頭皮加圧器は、あまり量産されていないために、価格が高く、相場としては10万円以上となってるために、普及はしていません。

ちょっと気軽には購入できない価格ですね。

しかし、頭皮のマッサージは、自分の手で行う方が、面倒ではありますが、より効果的ではあります。

やはり機械では、AGAの部位や症状に合わせてその部分を特に注意してマッサージするといった器用なことはできないためです。

そこでマッサージの例を紹介します。

まずAGAの症状がでていて気になっている部分に、右手の人差し指と中指を揃えて置きます。

次に、今置いた右手をそのままで、その上から左手の人差し指と中指を重ねて置きます。

この状態で両手の指を使って、ゴルフボールくらいの円の大きさを描くようにマッサージします。これを20回ほど繰り返してください。

後は、他にも気になるところがあれば同様にしてマッサージしてください。



posted by 長い友達 at 22:52| AGAの予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。