2011年03月14日

AGAに効果的なミノキシジル

AGA(男性型脱毛症)の予防・改善に、ミノキシジルという成分が有効だとされています。

ミノキシジルは、元々「血管拡張剤」として、高血圧の口径薬として使用されていました。

ところがこの薬が脱毛を回復させる作用があることが認められ、AGAに効果的であることがわかったのです。

このミノキシジルは、実は有名な医薬品に採用されています。それは、大正製薬の「リアップ」という製品で、1999年から販売されました。

リアップは世界30カ国程で利用されており、発売当初は品切れになるほどの人気商品となりました。

そして2004年には、日本で唯一の女性専用発毛剤として「リアップレディ」が発売されました。

ミノキシジルを採用した発毛剤は、アメリカではファイザー(当時はアップジョン社)の「ロゲイン(5%)」としても販売されています。

こちらの製品では、リアップの5倍のミノキシジル濃度を持たせてあります。

また、同様に「女性用ロゲイン(2%)」が女性用として販売されています。



posted by 長い友達 at 22:48| AGA対策グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AGAを改善する食品

頭皮の血流を良くすることが、AGA(男性型脱毛症)の予防や改善に効果があると言われています。

そこで、頭皮の血流を良くする食品やサプリメントについて紹介します。

あまり知られていませんが、イチョウがAGAに効果的なサプリメントで、頭皮の血流改善の効能があるのです。

イチョウといっても、銀杏を食べるということではありません。イチョウのお茶があるのです。

ただし、決して自己流でイチョウを煎じて飲むようなことは避けてください。というのも、イチョウにはギンコール酸というアレルギー成分が含まれているためです。

ですから、メーカー品のお茶やサプリメントといった、安全対策が施されている製品を利用してください。

次はサプリとしては有名なGABAがあります。GABAは脳の血流改善に効果があると言われている成分で、γ-アミノ酪酸(ガンマアミノらくさん)の頭文字を示します。

ただ、GABAはサプリ以外でも食品で採ることができます。それは発芽玄米です。

白米と比べても栄養バランスが良い発芽玄米には、γ-アミノ酪酸が含まれています。

そして最後にクエン酸があります。

クエン酸は、全身の血液がどろどろしている人に効果があり、頭皮の血流だけに聞くわけではありません。

このクエン酸は、レモンや梅干しに含まれています。

是非、血流の改善のためにもこれらの食品を採るようにしましょう。



posted by 長い友達 at 22:48| AGA対策グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AGA対策シャンプー「DEOCO」

シャンプーにもアミノ酸系、育毛系、発毛系といろいろな製品が販売されておりますが、AGA(男性型脱毛症)の予防・改善に有効なシャンプーはどれでしょうか。

今回は、代表的な製品として「DEOCO・S2」を紹介します。(DEOCOはデオコと読みます)

「DEOCO・S2」は100パーセント天然素材で製造されているシャンプーであるため、常温下での保存では腐ってしまいます。AGAの予防・改善に有効な各種栄養成分を含んでいます。

「DEOCO・S2」は毛髪や頭皮に栄養成分を残すよ作用を持っており、弱酸性という毛髪に理想的な性質のため、あえてリンスをする必要はありません。

すでにAGA対策を行っている人たちは、シャンプーを「DEOCO・S2」に変えていることが多いようです。

「DEOCO・S2」は通常のシャンプーに比べて高額な商品ですが、200ml入りですと、1本で1ヶ月半から2ヶ月程度は使えます。



posted by 長い友達 at 22:47| AGA対策グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AGA対策の発毛剤

AGA(男性型脱毛症)の予防・改善のために、専用シャンプーと併せて使いたい物に、発毛促進剤があります。

発毛剤は、育毛剤よりもより本格的に発毛を促し脱毛を防ぐ頭皮の薬です。

発毛剤の中でも10年以上もロングセラーを続けている製品が「デオコ・Sジェイビス2」です。

デオコ・Sジェイビス2にはディヒドロテストステロン(DHT)の増加を防ぎ、頭皮の血流を改善することで毛髪への栄養吸収を促す作用があります。

ディヒドロテストステロン(DHT)は、AGA発症の原因の一つとされている成分で、皮脂腺から分泌される5α―リダクターゼという還元型酵素と男性ホルモンのテストステロンが結合して変化してできます。

デオコ・Sジェイビス2を単独で使うだけでなく、シャンプーのDEOCO・S2と併用することで相乗効果があります。

しかし、デオコ・Sジェイビス2とDEOCO・S2は、この組み合わせ以外の製品との併用は行わないように注意が必要です。

もし、これらの二つの製品を揃えることが予算的に難し場合は、シャンプーであるDEOCO・S2を優先して使用してください。ただしこのとき、他社の発毛剤と組み合わせて使わないように注意しましょう。



posted by 長い友達 at 22:47| AGA対策グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AGAの飲む治療薬

AGA(男性型脱毛症)の治療というと、頭皮に塗るタイプが思い浮かびますが、飲む治療薬があるのをご存じでしょうか。

AGAの飲む治療薬は「フィナステリド」というものです。日本では「プロペシア」という製品名で販売されています。

フィナステリドは、本来は前立腺癌や前立腺肥大の治療薬でしたが、その治療中に、多くの患者の発毛が促進されていることがわかり、AGAの治療薬として研究され、米国ではFDA(アメリカ食品医薬品局)が1997年にフィナステリドをAGAの治療薬として認可し、日本でも厚生労働省により2005年には認可されました。

フィナステリドを内服することでAGAに効果があるのは、AGAの原因となっている「5α-リダクターゼ」という酵素を抑制する作用があるためです。

ただし、フィナステリドは市販の発毛剤や育毛剤の用に購入することはできません。副作用の危険もあるということで、医師の処方が必要になります。

従いまして、「フィナステリド」の名称を使った商品がインターネットなどで容易に購入できるように謳っている販売サイトがあった場合は要注意です。そのように販売できる商品にはフィナステリドが含まれていませんので、AGAには全く聞かない偽物です。

日本では、萬有製薬のサイトなどで情報を得ることができます。



posted by 長い友達 at 22:46| AGA対策グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かつらに潜む問題点

AGA(男性型脱毛症)の対策としてかつらを使用するという手段は確かにあります。

ファッション用に使用する場合はウイッグと呼ぶことが多いですが、AGA対策としてはかつらと呼ぶことが一般的です。

ただし、かつらをAGAの対策として使うに当たっては問題点もありますので、安易に使うことは避けましょう。

AGAの対策としてカツラを使う問題点を見てみましょう。

一つは、カツラの使用が人付き合いを悪くしてしまうという社交場の問題があります。

一見、かつらを使うことでAGAを気にせず、人付き合いが活発になると思われがちですが、実際に使ってみると勝手が違うことに気付きます。

例えば雨や風といった天候が悪いときには、外出が怖くなります。また、風呂や海水浴への誘いも避けるようになるでしょう。

さらに、人から頭を触られたらどうしよう、といった不安も加わり、結局人付き合いがおっくうになってしまうという悪い影響があります。

つまり、AGAを隠すことで人付き合いが活発になるとおもったはずが、かつらを隠すことにストレスをより感じてしまうと言うジレンマがあるのです。

これが予想できない問題点の最も大きなものです。

次に、費用の面での問題があります。

かつらは、予想以上に高額な商品ですので、その予算でAGAの予防や治療を行った方が良いのではないか、という悩ましい状態になります。

そして最後に、かつらの使用がAGAを悪化させてしまうという問題があります。

かつらは、少なからず頭皮を蒸してしまいますし、その結果かゆみが発生してしまったりして、AGAを悪化させる可能性が大きいのです。

以上の様に、AGAの対策としてかつらを使用しようとしている人は、いまひとつ考えた方が良いでしょう。



posted by 長い友達 at 22:45| AGA対策グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アートネイチャーのAGA対策

テレビコマーシャルでも有名なアートネイチャーは、日本全国で147店舗もの事業展開をおこなっている大手の毛髪業者ですね。

このアートネイチャーのAGA(男性型脱毛症)対策は、40年以上の実績を持っています。

アートネイチャーのAGA対策製品を見てみましょう。

AGAなどによる脱毛対策としては「バイオヘア」があります。

自分の毛髪を根毛に取り付けているタイプの増毛では「マープ増毛法」があります。

産毛までを再現したかつらで有名なのは「ヘア・フォーライフ」です。

オーダーメイドのかつらとしては「ヘアリプレイスメント」があります。

これらの製品や施術の費用については、同社の公式サイトでも公表されていません。

AGAの人たちが利用者に多いとされているヘア・フォーライフでも、4枚セットで60〜70万円くらいではないかと憶測されています。

結局、どの製品や施術が自分に必要で、どの程度の費用がかかるか、といったことは、「ヘアチェック」を実際の店舗に訪問して受けなければ説明されない様です。

ただ、「無料増毛体験」、「無料ヘア・フォーライフ」、「無料発毛促進体験」、「無料ヘアチェック」といった各種無料体験をサイトから申し込むことができるので、まずはここから試してみるのも良いかもしれません。



posted by 長い友達 at 22:45| AGA対策グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アデランスのAGA対策

主にかつら有名なアデランスですが、全国に約220店舗を展開し、AGA(男性型脱毛症)への対応としても増毛サービスや育毛サービスを行っています。

アデランスでは、人工毛を装着することを「増毛」、毛髪の成長を促すことを「育毛」と区別して呼んでいます。

また、自宅でAGA対策を行える「ホームコース」も用意されています。

アデランスでは、アートネイチャーとは異なり、公式サイト上に各サービスの費用が公開されていますので、AGA対策としてアデランスを検討している人には親切と言えます。

しかし高額なことには変わりなく、育毛コースの一つである「ヘアアクト」は年間24回のコースで、453,600円(税込み。変更しているかもしれません)となっています。

しかもサロンでのケアだけでは効果がでないと判断された場合には、このコースに加えて自宅でのケア用品が必要になりますので、さらなる出費があり得ます。

また、すぐにでもAGAの症状を隠したい一用にはかつらが進められますので、これもまた大きな追加費用になるでしょう。

やはりAGA対策を行うには、費用の覚悟は必要になります。



posted by 長い友達 at 22:45| AGA対策グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リーブ21のAGA対策

リーブ21といえば、テレビコマーシャルで人気タレントの島田紳助氏や和田アキ子氏を採用しているので、広く知られた会社といえます。

このリーブ21の正式名称は、「株式会社 毛髪クリニックリーブ21」です。

リーブ21が類似の業者と異なる点は、あくまで自毛の復活を目指したサービスを行っている点です。

ですから、人工の毛髪による増毛や植毛といったことは行っておりません。もちろん、かつらの提供も行っておりません。あくまで「発毛」にこだわっているのです。

このように、発毛専門とうことでリーブ21はAGA(男性型脱毛症)の改善には期待ができるのですが、その費用が高額であることから、サービスを受けることには躊躇してしまう人が多いようです。

この費用については、同社の公式サイトでもわかりません。数百万円単位の費用が掛かるとも言われております。

「全額保証コース」なる、一見お得なサービスを提供しているようにも思えますが、これもどの程度で症状が改善されたとみるのか、あるいは効果が無かったと判断するのかの明確な基準が公表されていないようですので、やはり申し込むには躊躇します。

この全額保証は、リーブ21側にとってもリスクがありますので、ちょっとやそっとでは効果がなかったと認めないようですので、結論がでるまでかなりの長い期間を必要とする可能性もあります。

ですから、かなり長期的な努力と、経済力を持った人でなければ、リーブ21のサービスを受けることはできないと思われます。


posted by 長い友達 at 22:44| AGA対策グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。