2011年03月14日

喫煙の習慣がAGAに影響を与える?

増税や禁煙場所が増えて、すっかり肩身が狭くなっている喫煙の習慣ですが、健康に悪いということでもますます喫煙者は居所が少なくなっています。

そんな喫煙者に追い打ちをかけるようですが、実はAGA(男性型脱毛症)にも悪影響を与えていることがわかっています。

ただし、喫煙者全てがAGAを発症するというわけではありません。体質には個人差があるためです。

ただ、すでにAGAを発症している人については、タバコのニコチンがAGAを促進することがわかっていますので、必ず悪影響を与えると考えて良いでしょう。

ニコチンは、欠陥を収縮させることで血流を悪くし、毛髪への栄養が届けられることも妨げてしまいます。ニコチンはこのような性質から、毒物および劇粒取締法では毒物と指定されています。

ニコチンによる毛髪への栄養不足が発生することで、成長が不十分な毛髪の寿命が短くなってしまい、その結果抜け毛の量が発毛量を超え、毛髪全体の量を少なくして行ってしまいます。

このことから、AGAを予防し、改善しようとしているひとにとっては、禁煙は非常に重要なことと言えます。

とはいえ、すでに健康には悪いとさんざん周りから言われ続けているにもかかわらず止められなかった喫煙の習慣は、なかなか断ち切ることはできません。

その困難さは、多くの喫煙に関する方法や製品があることでもわかります。

これらの禁煙を支援する製品を利用することで、禁煙ができれば、AGAの症状防止や改善に良い影響を与えますので、挑戦する価値はあります。



posted by 長い友達 at 22:57| AGAとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。